FC2ブログ
主にひと昔前の音楽についていろいろ書いてみます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by mayu
 
[スポンサー広告
Curtis Mayfield
先日家人が
「ストーンズの『メインストリートのならず者』は
本当にストーンズのファンかどうかを試す踏み絵だ」
と申しまして。

メインストリートのならず者

なるほど、ワンコードセッション的でブルージーな曲が
2枚組のボリューム。
こういっちゃなんですけど、つかみどころがない。
この2枚組を通して聴くのは結構ハードル高いかも。

更に家人が言うには
「キャッチーなのがいいなら、他のイギリスの
ビートバンドものでも聴けばいいし。」
なるほど。それもそうだ。

それで思い出したのが、Curtis Mayfieldの
"There's No Place Like America Today"

Theres No Place Like Amerca Today

展開らしい展開がない曲ばかり。
音圧も恐ろしく低め。猛烈に抑制が効いています。
少ない音数がピーンと張りつめた空気感を醸し出しています。
前後のアルバムにもこれっぽい雰囲気の曲はあるんですけど、
アルバム全体が張りつめた空気感で貫かれているのはやはりこのアルバム。
つかみどころがないといえばないのですが、
ピリピリ感をアルバムを通して堪能できるこのアルバムが
カーティスの最高傑作アルバムという意見も、なんか分かる気がします。
ある意味これこそカーティスファンかどうかを見極める踏み絵なのかも。

でもなんだかんだでキャッチーな曲が好きな私には難解です。
ロックとかブルースが心に響く人でないと難しいかも。
やっぱり私は当たり前に1stが好きですね。
あとなぜか評判悪いけど、「アメリカ・トゥデイ」の後の
"Give, Get, Take And Have"とか"Never Say You Can't Survive"
辺りのアルバムが名曲が多くてかなり好きです。
この辺りは重厚なオケに聴き応え十分な歌が乗るという、
ソウルの基本スタイルにより近いんですよね。まだまだ音圧低めだけど。
それにカーティスのアコギが優しく絡んでくるんですよ!
なんで評判悪いんだろう。。。Soul度が高いから?

Give, Get, Take And Have "Give, Get, Take And Have"

Never Say You Cant Survive "Never Say You Can't Survive"

不思議なもので、カーティスがプロデュースしたアーティストの作品は
自分名義の作品よりずっとソウルフルなんですよね。
特にサントラ作品はホント素晴らしい!
そして、後者の2枚はカーティスがプロデュースした他のアーティスト作品に
より近い気がします。
「アメリカ・トゥデイ」に慣れた耳には平凡に聴こえるかもしれないけど、
慈愛に満ちた後者2つはストレートに心に沁みてきます。

Lets Do It Again The Staple Singers "Let's Do It Again"

Claudine.jpg Gladys Knight & The Pips "Claudine"

sparkle.jpg Aretha Franklin "Sparkle"


そういえばカーティス本人名義のサントラはとてもソウルフルかつファンキーです。
サントラだと音圧が上がりますね。

superfly.jpg

short_eyes.jpg


カーティスの世界は優しくも哀しいです。
スポンサーサイト
Posted by mayu
comment:3   trackback:0
[blackmusic
"Whatcha See Is Whatcha Get" The Dramatics
whatcha_see_is_whatcha_get.jpgドラマティックスの話を書こうかなあ、なんて思って、
あらためて聴き返すも、あまりの名曲の多さにクラクラし、
後回しにしようかなあと思った矢先に飛び込んできたRon Banksの訃報。

また一人、偉大なシンガーがこの世を去りました。

追悼の意味も込めて、今回はThe Dramaticsが残した超名盤、
"Whatcha See Is Whatcha Get"をエントリします。

満を持してリリースされた、デヴューアルバムです。
駄曲なし。聴きごたえ十二分。
熱いシャウトあり、甘くも力強いファルセットあり、
ぞくぞくするコーラスワークもあり。
ヴォーカルグループ、かくあるべし!
そんな歌をバックの重厚なサウンドが支えます。
ノーザンらしいサウンドですが、なんとあのSTAXなんですね。

特に好きなのが

Get Up And Get Down
Thank You For Your Love
Whatcha See Is Whatcha Get
In The Rain

あたり。
「この一曲の為にこのアルバム買うべし!」っていうレベルの曲が
4曲も入っているんですよ。なんという名盤ぶり!

そんなこんなで全ソウルファン必携の一枚であることは間違いなしです。
ドラマティックスは他にも沢山名盤がありますけど、
何はなくともまずはこれ。
極上のソウルミュージックがこの中にあります。
Posted by mayu
comment:0   trackback:0
[blackmusic
shouter!
結構最近まで断然ファルセッターの方が好きだったのですが、
ここ何年かでようやくシャウターって素晴らしいと思えるようになりました。
ソウル好きのくせにシャウター好き歴はとても短いのです。

そんなシャウター入門者の私が好きなシャウターを
10人ピックアップしてみました。

 more...

Posted by mayu
comment:0   trackback:0
[blackmusic
The Temptations "Wish It Would Rain"
引き続きベタなところで。

テンプスのアルバムの中で、コレが一番好きという人も結構いる名盤。
うちにはレコードしかなく、なかなか気軽に聴けないアルバムの一つです。
だいたいうちのレコードは、家人が若い頃昼飯抜き、おやつ抜きで
なけなしのおこづかいをはたいて買った思い入れの深いものばかりなので、
手垢でもつけようものならそりゃもう。。。(汗)

temps.jpg


それはさておきこのジャケ、見た感じ荒野を進む兵隊さんが、
日照り続きで干からびちゃっている、っていう設定のようです。

ん?約一名にかっと笑っている緊張感のないヤツがいますね。

david.jpg


David君、ハートマン軍曹に怒られますよ。
Posted by mayu
comment:2   trackback:0
[blackmusic
Berry Gordyという偉人について
Berry Gordyは偉大過ぎて、どれだけ偉大か、その輪郭すらつかみ切れないし、
猛烈にマニアな方々によって既に散々語られている人でもあります。
なので、今更何を書くのか?といった感もありますが。。。
既に語られていることの重複でも勘弁して下さい。

"Definitive Performances"というSmokey Robinson & The Miraclesの
長年にわたる活動を振り返るDVDがあります。
ケチって輸入版を買ってしまい、長いインタヴューは
つたないヒアリング力をフル稼働で聞く羽目に(涙)。

で、私の聞き間違いでなければ、その中でSmokey Robinsonが
「ベリーは優れたビジネスマンと思われているけど、そうじゃない。
彼は優れた作曲家であり、プロデューサーなんですよ。」
みたいな話をしていました。

で、モータウン初のミリオンヒット曲であるThe Miraclesの"Shop Around"。
そのDVDによると50余りもテイクを重ねてもベリーは納得しなかったとか。
で、素敵なピアノのリフが出来たからといって朝の3時にミラクルズのメンバーを
電話で呼び出し、録音してようやく完成を見たそうです。



なんという飽くなき追求心!

ポップスを作る上で不可欠ともいえる、金脈の「あたり」をつけるという
類まれな才能があっただけではなく、
気の遠くなるような試し掘りも惜しまずしていたわけで。
何度も録り直しをさせていたという話は聞いたことがありましたが、50回以上って!!
(余談ですが試し掘りの結果掘り進めるのを断念したものが、
最近沢山リイシューされていますね)

そんなベリーさんですが、インタヴュアにアーティストについての印象を聞かれると
いつも〆に「売れると思った」と答えちゃっています。
"Money,that's what I want"
こういうところがビジネスマンと言われちゃう所以かも知れませんね。



でもものさしが「売れるかどうか」というシンプルなものだったことが
モータウンの繁栄を支えたことは間違いないわけで。
だからこそ事務員のMartha Reevesや雑用係のNorman Norman Whitfieldを
抜擢出来たんでしょうね。
変にアーティスト風を吹かせちゃわなかったことも
ブレずに売れる音楽を生み出せた理由の一つなんでしょう。



↑Martha Reevesが初めて駆り出された、おなじみMarvin Gayeの
"Stubborn Kind Of Fellow"。
事務員をレコーディングに駆り出す会社なんて、世界広しといえどモータウン位のもの。
ある意味"Sales"の名の下の徹底した平等主義だったわけですね。

そんな従業員が集まるモータウンって一体。。。

それは"俺たちゃスウィングする会社~♪"(モータウン社歌より)
ってことなんでしょう。多分。

で、Brenda Holllowayに手を出そうとしたり、Diana Rossを囲っちゃったり、
まあ結構昭和のダメ親父的でもあるわけですが、
お金と女が好きって、何か正直でいいじゃないですか。身内だと困るけど。
眼光鋭いくせに、にかーーっと笑うと可愛いんだな。これがまた。
Posted by mayu
comment:0   trackback:0
[blackmusic
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。