主にひと昔前の音楽についていろいろ書いてみます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by mayu
 
[スポンサー広告
shouter!
結構最近まで断然ファルセッターの方が好きだったのですが、
ここ何年かでようやくシャウターって素晴らしいと思えるようになりました。
ソウル好きのくせにシャウター好き歴はとても短いのです。

そんなシャウター入門者の私が好きなシャウターを
10人ピックアップしてみました。
☆Sam Cooke
全能の天上人。誰もが目指して、未だ辿りつけない高みにいるお方。
特にゴスペル時代は最高のシャウトを聴かせてくれます。


☆Marvin Junior(The Dells)
熱いのに哀しい。哀しいのに熱い。このお方の表現力は実に奥深いです。


☆Eddie Rivert(The O'Jays)
イカリ肩で体を揺らしながら迫真のシャウトを聴かせてくれます。


☆James Brown
この人の「ハッ!」程聴いている人をノリノリにしちゃうシャウトも
なかなかないのではないでしょうか。


☆Levi Stubbs(The Four Tops)
この人のどこまでも盛り上げちゃうシャウトは
スリリングな展開を見せるH=D=Hの曲にばっちりハマっています。


☆Marvin Gaye
まあサム・クック・クローンと言ってしまえばそれまでですが、
切なさ(と色男っぷり)まで踏襲できたのは、
この人の歌唱力があってのことではないかと。


☆David Ruffin(The Temptations)
☆Dennis Edwards(The Temptations)
どっちも好きですけど、どっちが好きかと言われれば、
David Ruffin。切なさがデニスさんの一枚上を行っている気がします。


☆Teddy Pendagrass
この人の徐々に盛り上げていって、終いにはもうどうしたらいいか分からない
っていう域まで持っていく歌い回しに、ただただ感動。


☆Bobby Womack
まず、ギターを片時たりとも身から離さないスタイルが素敵(←そこかよ)。
シャウトとファルセットの境目みたいなところの歌い方がすごく切ないです。


みんな熱いのにものすごーく憂いを帯びているんですよね。

ちなみにシャウターといえばOtis ReddingとかWilson Pickettじゃないの?
と思われた方、仰るとおりです。
でもこの辺りはホントに疎いんです。これからの課題ですね。。。
スポンサーサイト
Posted by mayu
comment:0   trackback:0
[blackmusic
comment
comment posting














 

trackback URL
http://sweeetharmony.blog82.fc2.com/tb.php/5-e0a9a6e5
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。